薬草とは、薬の材料として用いられる草、または薬用植物の事を指しています。薬草には、外傷の手当てやアレルギーなどの体質改善、病気の治療薬として古い時代から多くの方に親しまれて来ました。

明るい発展を見せている薬草

世界の様々な地域では、その地域によって古くから伝えられてきた使用法を用いて薬草が使用されています。中国で薬草は、主に漢方薬として古くから伝えられており、日本にも伝えられています。

その他にも、薬草をスパイスとして料理する際に使用している地域も多く、日常生活で一般的に薬草を取り入れている国も少なくありません。

現在でも薬草による調査や研究が世界各国の地域で取り行われており、その結果、新しい医薬が誕生するという素晴らしい成果が表れています。

薬草や薬用植物は様々な形態で用いられていますが、主にそのままの状態での使用法や、簡単な加工を施しての使用法、エキス剤にしての使用法、有効成分だけを抽出しての使用法、抽出した成分を更に化学変化させての使用法など様々な使用法が用いられています。

薬草は、もともと野生に生殖していたものを採取して使用されていましたが、栽培された薬草の方が一定の品質を保たれるとの理由や、一度にたくさんの薬草を作りだす事が出来るなどの理由から、現在では栽培方法での薬草が多く行われています。

薬草は人間が摂取するものですので、採取や加工の際の取扱い方法などは、それぞれの国の規定に沿ってきちんと定められた方法で行われています。

採取方法や栽培方法、収穫方法、加工方法、集荷方法などは、薬草の種類によってそれぞれ異なります。また、採取する際の時期についても使用する部分によっては採取の時期が異なってきます。

花の部位を使用する際には、花が咲いている花期の時期が採取時期となり、果実や種子の部位を使用する際には、果実が完熟した完熟期の時期が採取時期となります。

その他にも、根や根茎の部位を使用する際には、草花など地上に実を出している部分の枯れた時期が最も最適な採取時期とされています。

樹木の樹皮の部位を使用する際には、樹木の皮が剥がれやすい梅雨明けの時期が最適とされています。加工段階の際にも、薬草の種類によって様々な加工工程が行われています。

薬草の種類によっては形が変形しやすいものや乾燥がしにくいものなどがありますので、それぞれの種類によっては、湯通しが行われたり、蒸されたり、根の中心を抜く芯抜きという加工工程などが行われます。

薬草の種類によっては害虫の被害を受けやすいものもありますので、そのような薬草などにはメチルブロマイドや二酸化炭素、クロルピクリンなどを使用し、燻蒸という加工工程が行われます。

薬草は一般の植物ではありますが、このような加工工程を加えられる事によって「薬草」として使用されているのです。

医薬品として、または料理の際のスパイスとしても一般的に多くの方に使用されています。私達が気づかない様々な所でも薬草は使用されている場合があります。

もはや私達の生活にとって、薬草は無くてはならない、または欠かす事の出来ない必要なものとなっているという事は間違いありませんね。

現在でも、世界各国の大学や研究所などでは様々な研究が行われており新たな発見や成果など、明るい発展を見せていると言われています。